コンセプト

Concept

熊本県下全域を網羅した循環器救急医療体制を目指して

近年の熊本県下において、各基幹病院の医療圏では循環器救急医療の県下全域をカバーすることはできていません。救急医の不足や医療スタッフの慢性的な超勤、各基幹病院における心臓外科医の不足といった 医療側の問題点を改善するためにも特定機能病院として県下全域を網羅する循環器救急医療体制の構築が求められています。
【熊本大学医学部附属病院 心臓血管センター】は、熊本県下唯一の特定機能病院として、熊本県下全域における循環器“救急”患者さま及びおよび“重症”循環器疾患患者さまを対象とし、内科的治療、外科的治療、及び救急医療を集約した集学的先進医療を提供します。
当センター内では、循環器内科医、心臓血管外科医、救急・総合診療部医師が協働して処置に当たり、各科の連携による迅速かつ正確な診断と治療を展開します。

こんな症状の時はすぐにお電話ください

  • 不安定狭心症・急性心筋梗塞などの急性冠症候群
    並びに重症冠動脈多岐疾患
    Acute coronary syndrome (unstable angina/acute myocardial infarction) and Multi-vessel disease
    不安定狭心症や急性心筋梗塞は、不安定冠動脈プラークが破裂し冠動脈に血栓が形成され血流不足に陥り発症します。この病態を総称して”急性冠症候群”といいますが、救命のために早期に適切な治療を行う必要がありますが、最も救命に有効な治療法が”早期再灌流療法”と呼ばれる内科的なカテーテル治療です。また、重症冠動脈多枝疾患に対しては、外科的な冠動脈バイパス術が有効です。当センターでは、内科と外科がハートチームを結成し、それぞれの症例で議論の上最適な治療法を選択しています。
  • 急性大動脈解離・大動脈瘤切迫破裂などの急性大動脈症候群
    Acute aortic syndrome (acute aortic dissection/impending rupture of aorticaneurysm)
    大動脈壁に亀裂が入り裂けてしまう大動脈解離や元々存在する大動脈のコブ(大動脈瘤)が破裂しかかった状態は、緊急の処置を要するばかりでなく、刻一刻と病態が変化し、内科と外科の連携が欠かせません。当センターは、緊急の大動脈手術に対応可能であるだけでなく、循環器内科が運営する心臓専用の集中治療室(CCU)で、内科と外科が共同で厳重に治療・管理いたします。
  • 急性心不全・慢性心不全急性増悪
    Acute heart failure/acute decompensation of chronic heart failure
    急性心不全の原因は、急性冠症候群のみならず、高血圧、弁膜症、心筋炎、心筋症と多岐に渡ります。ショックを伴う重症の心不全の場合、大動脈バルーンパンピング(IABP)、体外式心肺補助装置(PCPS)などの機械的循環補助のほか、補助人工心臓(VAD)や心移植も視野に入れて治療を行う場合もあります。当センターは、県内唯一の特定機能病院として、重症心不全症例に対して集学的治療を提供してまいります。
  • 肺塞栓
    Pulmonary thromboembolism
    深部静脈血栓症に起因する肺塞栓症は、外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科など様々な診療科の患者様に発生する致死的疾患です。深部の静脈に形成される血栓が疾患の原因ですので、血をサラサラにする抗凝固療法や再発予防の下大静脈フィルター留置が治療の主流ですが、この疾患もまた、重症例では、血栓破砕術や血栓摘除術のみならず救命のためのPCPSを要する場合もあり、当センターでの集中管理、内科、外科の協力が欠かせません。
  • 急性動脈閉塞
    Acute arterial occlusion
    不整脈に基づき形成される血栓などによって、動脈閉塞が生じ、急激な下肢虚血や疼痛を来す疾患です。早急な処置を行わないと四肢切断のリスクを伴うため、カテーテル手技や心臓血管外科的処置による緊急血栓除去が行われます。

救急搬送システム

循環器救急疾患に対し、救急搬送システムを活用した救命・迅速な対応を行います。

  • 防災ヘリHelitack

    消防活動・救急活動を支援する消防局の防災ヘリコプター ドクターヘリ出動中に救急現場へ対応し、ドクターヘリでは対応困難な現場での救助活動も可能です。
  • ドクターヘリHelicopter Emergency Medical Service

      救急医療用の医療機器を装備したヘリコプター 救急現場に速やかに医師・看護師を派遣し、患者の救命率の向上や後遺症の軽減を図るとともに、重度の患者様を短時間で搬送することが可能です。
  • 消防救急車Firefighting ambulance

    消防活動・救急活動を支援する消防局の救急車 応急の医療器具・薬品などを備え、患者様を早急に医療機関に搬送します。
  • モービルCCU(心臓疾患専用救急車)Ambulance CCU

    医師、看護師とが同乗し、患者様をお迎えに行く24時間体制のドクターカー 呼吸心拍監視や除細動器はもとより、救命に必要な道具や薬剤を搭載しておりますので、搬送中の患者様への万全の対応が可能です。

ハートチーム医療

救急・内科・外科の各専門の医師たちが連携し、共同で行う「ハートチーム」医療により、より迅速な診療が可能です。

  • 心臓血管外科Cardiovascular Surgery
    代表:福井 寿啓
    スタッフページへ
  • 循環器内科Cardiovascular Medicine
    代表:辻田 賢一
    スタッフページへ
  • 救急・総合診療部Emergency and General Medicine
    代表:笠岡 俊志
    スタッフページへ
Copyrightⓒ 2017 Cardiovascular Center, Kumamoto University Hospital All right reserved.