• 患者様へ

    心臓の緊急の病気の場合はすぐに救急要請(119番通報)ください。

    ・いきなり倒れて心臓が動いていない・・・
    ・息切れ、胸痛、不整脈による動悸、運動時の失神 等

  • 病院関係者様へ

    救急の患者様がいらっしゃいましたら、お電話ください。

    当センターでは救急システムと専門医によるチーム体制での、循環器救急疾患を対象とした高度先進医療を行っております。

対象疾患Disease

急性冠症候群
(不安定狭心症・急性心筋梗塞)
重症冠動脈多枝疾患
Acute coronary syndrome (unstable angina/acute myocardial infarction) and Multi-vessel disease
くわしく見る
急性大動脈症候群
(急性大動脈解離・大動脈瘤切 迫破裂)
Acute aortic syndrome (acute aortic dissection/impending rupture of aorticaneurysm)
くわしく見る
急性心不全
慢性心不全急性増悪
Acute heart failure/acute decompensation of chronic heart failure
くわしく見る
肺塞栓
Pulmonary thromboembolism
くわしく見る
急性動脈閉塞
Acute arterial occlusion
くわしく見る

熊本大学 心臓血管センターの特徴About Us

Emrergency System
Medical Specialist Team
  • 旧来の概念を覆す高度先進医療で最先端の心臓血管治療を県下全域の患者様に提供します
    心臓や血管の病気は、発症も経過も急激で刻々と容態が変化しますので、初期に適切な処置を行わないと取り返しのつかない事態になります。またその時々の容態により、行うべき治療法も内科的なカテーテル治療であったり、外科的な開心手術であったり、と変化し続けます。いずれの治療法もその結果が命に直結するため、熟練の技術を要します。そこで当院では、豊富な治療経験を要する循環器内科スタッフ、心臓血管外科スタッフ、救急スタッフがお互いに手を携え、一人一人の患者様の治療を行うべく、旧来の診療科の垣根を取り払い、ともに議論しながら治療を行う先進医療センター”心臓血管センター”を構築することに致しました。循環器救急の初期においては、診断が容易でないことも多々あります。お気軽に当センターをご活用いただけましたら幸いです。
    熊本大学医学部附属病院心臓血管センター
    センター長( 循環器内科診療科長 教授 ) 辻田 賢一
Copyrightⓒ 2017 Cardiovascular Center, Kumamoto University Hospital All right reserved.